引越し|新住所は忘れず報告

意外と忘れがちです・・・

毎日暑いですが、そろそろ暑中見舞いのハガキを送る段取りをしないと、残暑見舞いに変更しなければいけなくなります。一般的な暑中見舞いは、梅雨明けから立秋までに送ります。今年の立秋は8月7日なので、それまでに送らなければ残暑見舞いとして送るのが礼儀です。
もし今年に入ってから引っ越しをした人は、今回の暑中見舞いに引っ越しの報告も入れると良いです。例えば【毎日暑い日が続いておりますが皆様お変わりございませんか?】から始まり、【○月○日に新居へ引越しをしましたので、お近くへお越しの際にはお立ち寄りいただけますと幸いです。】【まだまだ暑い日が続きますので、どうぞご自愛下さい】の様な形で〆ると良い感じです。最近暑中見舞いのハガキを出す人も少ないので、出したことがないけれど引っ越しの連絡をしておきたい人は、普通のポストカードで引っ越しの連絡と新住所を書き、一言暑中見舞いの文言を入れれば、季節感が出て良いと思います。この時期に引っ越しの連絡をして新しい住所を伝えておくと、年賀状の時に出す方が困らずに
すみます。旧住所しか知らなくて出したら戻ってきた、しかも年賀状で引っ越しの挨拶をしてきたけれど、遅すぎる!と、特に会社の上司や年配の人の気分を損ねるといけませんから。

 

引越し情報はこちら