引越し祝いで悩みますね

悩んだ末の失敗か?

ママ友がアパートからマンションに引っ越しをした際、引っ越し祝いを持って遊びに行った事があります。新築マンションだったのでとても素敵で、真新しい家具家電も羨ましくて、終始興奮してしまいました。

 

 

そして激しく後悔している事があるのですが、訪れた際に用意した引っ越し祝いの品物です。

 

 

 

当時何を持っていけば良いか分からず、急にお呼ばれしなのでしっかり下調べする余裕もなく、その時自分が欲しかったというだけで、掛け時計を用意しました。エレガント系が好みであるママ友に、バラの花の絵が描かれている掛け時計をチョイスしたのです。

 

 

 

その品物を見た瞬間、ママ友の顔色が一瞬変わった気がしました。でも「素敵な掛け時計、ありがとう」と言ってくれたので、安心した私です。

 

 

ご馳走を頂して帰った後、冷静に考える時間がありました。冷静になればなるほど、何故あんな物をチョイスしてしまったのかと、恥ずかしくなってきました。

 

 

数日後本屋に寄る機会があり、そこで引っ越しに関する一冊の本を手に取りました。パラパラとページをめくりながら流し読みしてビックリ!引っ越し祝いで選んではいけないもの、その@:火を連想するもの、そのA:壁に穴をあけるもの。・・・・!私があげたバラの花の掛け時計、ガッツリ壁に穴をあけるタイプでした。

 

 

そういえばママ友の住まいはマンション。賃貸ではないものの、新しい家に早速穴をあけなければいけないって、よくよく考えると嫌ですよね。せめて壁に穴をあけなくてすむ置時計にすれば良かったかな。そしてバラの柄という事で、プレゼントした掛け時計は赤メインです。

 

 

 

火を連想するといえば、するのかも。かなり無礼な事をしてしまった私です。そして最近例のママ友のマンションに遊びに行ったので、私が渡したバラの掛け時計があるか密かにリサーチしてみました。が、どこにもありませんでした。

 

 

 

やっぱりそうですよね、いくらエレガント系が好みと言えど個々で好みは違いますから。寝室まではリサーチできませんでしたが、もうどこにもない気がしています。

 

 

 

リビングにはシンプルな白い掛け時計がかけてあり、間違ってもバラの掛け時計ではなかったです。本当に失礼な事をしてしまいました。謝りたいけど当時を蒸し返すのも恥ずかしいので、このままフェイドアウトしておきます。